オペラ歌手の休日〜休日の定義ってなんぞや?〜

オペラ歌手の休日〜休日の定義ってなんぞや?〜

 

 

一般的に、人と人が知り合って初期の話題に「おやすみの日は何をされてるんですか?」という質問があると思う。

(ほんとに興味があるかどうか別として、とりあえず会話のきっかけに聞く人が多い気がする。)

 

私の場合はこの質問をされると、なんと答えて良いのかよく分からず悩みます。

 

そもそも《お休み》の定義ってなんだろう?…からはじまる。

 

(↑関係ないけど、昨日の稽古後にお姉さまにご馳走になったお肉)

 

 

《オペラの稽古やリハーサル、打合せ、バイト等の拘束される予定が無い日》を《お休みの日》と仮定するなら、大体は調べ物か譜読みか暗譜か練習をしている。

(もしくはしなきゃいけないなぁと思いながらボーッとしてる。)

 

 

それもある程度落ち着いている(緊急性の低い)日は、営業活動のブログを書いたり、ウェブサイトいじったり。

(しなきゃいけないなぁと思ってる。)

 

先々のコンサートのプログラムを考えたり、年間計画を見直したり…

 

果たして5年後の自分は何してるのか…

あぁ…今年の下半期は何も仕事が無い。

仕事取りに行かねば…

 

と脳内散歩が始まり、調べ物をループして《2020 オペラ オーディション》とかGoogleで調べてたはずが、いつの間にか、カワイイ犬の動画とか見て癒されてる自分に気付いてハッとする。笑

 

こういうのをお休みというのかしら?笑

基本的に誘われないと人にも会わないし、コンサートもお買い物も基本的に一人で平気なので、思い立ったら行く。

 

人と人との繋がりが大事なお仕事なので、どうしても《お付き合い》は必要になってくるけど、ここ近年は

“気持ちのいい人と付き合え”

という教訓を経てから、色々とムリするのをやめて自由になってきた。

(年を重ねて図太くなってきたとも言える)

 

基本的に前もって人と約束するのが苦手。

 

その日の私がそのコンサートに行きたい気分かどうかは一週間前の私には分からないんだもの。笑

 

もちろん仕事は別だし、大好きな人たちに会うことは幸せ。

(大好きなお姉さま方…♪左が水上恵理さん、右が長島由佳さん)

 

ちなみに、今日は《お休み》と定義するなら《お休み》とも言えるような、言えないような一日で、所要での為に表参道まで行って参りました。

 

帰りに原宿に寄ったら「@cosme tokyo」などという、ある意味ディズニーランドより楽しいお店が出来てました。

@cosmeの上位に入ってるコスメがズラーッと並んでて、テスターで試せます。

 

東京ってすごいなぁ。

 

ドラッグストアで買える物から、高級なカウンセリング化粧品まで。

この品揃えを実現するのは大変だっただろうなぁ…

ランキング上位に入ってるけど、出店を拒んだブランドとかなかったんだろうか?

 

お店自体は楽しかったけど、人の多さに疲れたから、今度は人の少ないときにゆっくり行きたいなぁ。

 

でも原宿に人が居なくてゆっくり出来る日とか無いんだろうなぁ…

 

そんなこんなのオペラ歌手の休日。

 

練習も暗譜もしてるし、夜はライティングの仕事もするから、今日は休日ではないのか。

 

うーん、難しい。

《休日》の定義づけ。

ちなみに、次の《祝日》である2月11日(火・祝)は、ウインターコンサートの本番です。

 

一般的なお仕事だと《休日》になる方も多いはず。

チケットまだまだあるので、この日が休日の方はもちろん、この為に強制的に《休日》にしてしまうという方も大歓迎です♪笑

 

大好きなお姉さまたちと一緒に、「ファルスタッフ」の4重唱を歌います。

公演詳細はこちら

 

オペラ歌手楠野麻衣 LINE公式アカウントが出来ました

↓こちらのボタンからご登録お願い致します↓

+++++++++++++++++++++++++

日本オペラ振興会 藤原歌劇団

オペラ歌手 楠野麻衣(ソプラノ)

+++++++++++++++++++++++++