7月のいろいろ。

7月のいろいろ。

7月もあと一週間余りで終わってしまう。

最近、日々に追われて筆無精なので、今月の色々を書いてみる。

 

ただのゆるい日記です。

 

オペラ「ランスへの旅」の稽古が始まる。

日本オペラ振興会関連の公演の稽古は3月ぶり。

今回は藤原歌劇団に加えて東京二期会、新国立劇場が共催。

普段お会いできないような方とご一緒出来て嬉しい。

今回デリア役です。

風邪からの咳

油断をしたつもりは無かったけど、月初に風邪をひいた。

熱は出なかったし声帯は無事だけど、喉が痛くなり咳だけ残って気管支炎。

 

昨年、風邪からの咳のし過ぎで肋骨にヒビを入れた私としては死活問題であります。

 

《昨年の肋骨負傷時ブログ》

その1

その2

 

悪化する前に、と思って早めに病院に行ったものの、頂いたお薬が身体に合わず。

飲んでしばらくすると眩暈と痙攣をみたいなのが起きてびっくりし、飲むのやめました。

 

医療費高かったのに!笑

そんなこともあるのね。

 

 

徳島帰省

そうこうしている間に、父方の祖父の一周忌の法要で徳島に帰省。

今年はもう12月の歌の仕事でしか帰れそうに無いので、少し長めの4泊5日滞在。

 

帰省早々、徳島空港で待ち構えていたのは野性の猿だった!

最近の徳島は猿が出るんか?!?

驚きましたが、そういうわけでは無さそうで、翌日ニュースになってた。

《徳島新聞ニュースはこちら》

久しぶりの“たけだ耳鼻咽喉科”

気管支炎を抱えたまま徳島帰省した為、大学時代に音声学の授業でお世話になった武田先生の病院へ駆け込みました。

「今は東京で歌ってます。4日後本番やから咳止めて下さい!」と泣きついたら、

「歌手しよん?!すごいでぇ!がんばりよー!」とあたたかく応援して下さった。

 

スコープで声帯の腫れがないのを確認していただき、咳止めを処方。

「治らんかったらまたきいよ」と言ってくれてたけど、いただいた咳止めがバッチリ効いて大丈夫でした!

2日後くらいには通常通り歌えるようになって幸せ。

 

この場を借りて。武田先生ありがとうございました。

徳島の皆さん、たけだ耳鼻咽喉科良いですよ!

受付の方もとっても親切でした。

 

《徳島:たけだ耳鼻咽喉科》

https://ha6.seikyou.ne.jp/home/Naoya.Takeda/

 

 

なんだかつらつら書き始めたら長くなってきた。

くだらんことしか書いてないけど、いったんここまで。

 

来月は愛の妙薬のアディーナです。

 

藤原歌劇団ソプラノ 楠野麻衣