「静と義経」をめぐる鎌倉歴史旅~鎌倉殿~

「静と義経」をめぐる鎌倉歴史旅~鎌倉殿~

徒然なるままに

徳島出身のオペラ歌手、楠野麻衣です。

「静と義経」をめぐる鎌倉歴史旅の続編でございます。

大姫と義高を偲んだ後は、源氏山公園にいらっしゃるお父様に会いに行きました。

岩船地蔵堂から行き方検索すると、
「“化粧板切通し”を通って源氏山公園へ」と出たので、
それに従って突き進むも・・・

と、上の画像の場所に突き当たる。

本当にこの道で合っているのかしら…?


想像以上に険しい道のりでございました…。

『化粧坂切通し』

“切通し”とは、トンネルなどを作る技術がない時代、山や丘を道を通れるように切り崩した道の事をいうそう。

“化粧板”の名前の由来は、平家の武将の首に化粧して首実検したところから来ているとか…おそろしい。

鎌倉には他にもいくつか切通しがあるそうです。

それにしても、この先の道のりが険しかった。

登るのは登れても、下るのは恐ろしいです。

足腰に自信のある方はどうぞ。

険しい道のりを登っていくと、広場があり、お目当てのお父様がどしっと構えていらっしゃいました。

鎌倉殿こと源頼朝さま。

若干くちびる厚めでございます。

頼朝役の森口さんと清水さん、どっちに似てるかしら…笑

お天気が良くって気持ちがいいのでベンチに座って休んでいると、木の陰からリスが顔を出しました。

↑分かりづらいですが、木の幹の右側にリス。

寄って行ったら、そのまま勢いよく木を駆け上がり、

あっという間にあんなところまで行ってしまいました。

かわいくて癒されました。


この像は、頼朝が治承4(1180)年に鎌倉入りを果たしてから800年を記念して建てられた物だそうです。

鎌倉殿は今もなお、鎌倉の街を見下ろす位置にどっしりと。

このオペラは「静と義経」ということで、静御前からの目線の物語ですから、愛する義経様と、その義経様の子供までもを殺されてしまい、

頼朝の残酷さには「何てことしてくれるの?!」と思ってしまいます。

ただ、3幕で義経の死を目の当たりにし、大姫の死を知らされた頼朝は、たった一人舞台に残り、アリアを歌います。

「悪は滅んだ と言ってはみたが

まこと滅んだのは誰あろう

このわしだ」

「源氏と名のつくもの

全てを亡き者にして

わしは一体何を勝ち獲ろうとしたのか」

「愚かなりし我が心よ

源頼朝 天下のたわけもの

孤独地獄で 孤独地獄で

狂い死にするがいい」

このアリアを歌う頼朝の後ろから、北条政子の笑いが重なります。

上に立つ者の苦しさ。

全ては昇り詰めるための正義と思ってやってきたことの、残したものは孤独。

何が正義で何が悪なのか。

この時代に生きたからこその苦しみに、胸が苦しくなったりします。

このアリアの前のシーンもすごく良いし、政子の笑いもなんとも気迫があって…

と語りたいところですが、長くなりそうなので一旦ここまで。


(パパとツーショット。笑)
次回の鎌倉歴史旅は母上、北条政子さまのお墓参りです。

公演チラシ

「静と義経」公演詳細はこちら
【特設サイト】
https://www.jof.or.jp/performance/1903_shizuka/

藤原歌劇団・日本オペラ協会
ソプラノ 楠野麻衣