映画「私は、マリアカラス」に行って参りました

映画「私は、マリアカラス」に行って参りました

ついに本番まであと一週間を切りました。

今月は寝ても覚めても頭の中が「フランチェスカ・ダ・リミニ」!!

 

という状態ですが、もう上演終了まで後がないので、夜の稽古がお休みになった日に行ってきました。

 

映画「私は、マリアカラス」。

私が生まれた時には、既にこの世を去っていた歌姫、マリア・カラス。

 

彼女の歌は残された録音、録画でしか知りませんが、昔から彼女に憧れがあり。

大学時代には図書館で彼女関連の本を開いて、心に残る言葉をノートに書き写したりしていたものでした。

 

映画で言うと、「永遠のマリア・カラス」も何とも言えぬ切なさがありましたが、今回の映画作品は、過度な脚色をすること無く、彼女のインタビューと残された手紙で粛々と彼女の人生が語られてゆく構成。

 

より真実に近い彼女の姿が見られた気がして、私にとってはグッとくる作品でした。

 

歌って生きていく人生とは、何と美しくも難しく、苦しいものですね。

 

“私の自叙伝は歌の中に綴られているの

歌は私の唯一の言語だから”

byマリア・カラス

 

映画の中で、どんな作品が好きかと聞かれたカラスが、このようなことを言っておりました。

 

“ロッシーニ、ドニゼッティ、ベッリーニ、

特にベッリーニ。

要するにベルカントが好きです。”と。

(言葉はちょっと違うかも)

 

カラスも愛したベルカントオペラの一作品。

 

来週の水曜日が本番。日本初演です。

楠野はイザウラ役で出演致します。

 

◆チケットのお申し込みはこちら

◆公演の詳細はコチラ

フランチェスカダリミニ

藤原歌劇団 ソプラノ 楠野麻衣